み

「“始末、処分”。もう一つの僕の未来」きなちゃんと、ダンくんと。-7-


僕も猫なのに、なんで“セール”なんだろう。

それでもキミは、売られていた僕を選んでくれた。



(本文より抜粋)

2021.10.10

み

「だって、僕は今、キミの家族」きなちゃんと、ダンくんと。-6-


家中駆け回る僕。物を壊して、あちこち爪とぎする僕。

安心してるから、はしゃげる。嬉しいからだよ。



(本文より抜粋)

2021.09.26

み

「キミと暮らす僕達。元は野良猫。元は売られていた猫」きなちゃんと、ダンくんと。-5-


生まれた境遇も出身も違うけど、今は仲良しな兄弟。

ママのキミも、僕達を同じに、家族と思ってくれる。

だから、部屋だけでなく、気持ちまで、あったかいよ。



(本文より抜粋)

2021.09.12

み

「人間は沢山いるけど、僕のママとパパはキミだけだよ」きなちゃんと、ダンくんと。-4-


いつか必ず過ぎ去るブーム、流行り。”猫ブーム”。

でも、ブームが過ぎたら、僕、どうなるのかな。



(本文より抜粋)

2021.08.29

み

きなちゃんと、ダンくんと。-3- "僕、ぬいぐるみじゃないよ。生きてるよ"


キミのそばに、黙って座る僕。

好きだからだよ。僕を家族にしてくれたキミだもん。



(本文より抜粋)

2021.08.15

み

きなちゃんと、ダンくんと。-2- "僕の居場所は、キミの心の中になっただけだよ"


ペットショップで売れ残っていたきなちゃんと、保護猫のダンくん。

猫写真家の安西政美さんによる、写真と詩の連載です。

2021.08.01

み

きなちゃんと、ダンくんと。-1- "僕、ちゃんと居るよ。キミの心の中に"


ペットショップで売れ残っていたきなちゃんと、保護猫のダンくん。

猫写真家の安西政美さんによる、写真と詩の連載です。

2021.07.18

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階