よむ

「だって、僕は今、キミの家族」きなちゃん…


家中駆け回る僕。物を壊して、あちこち爪とぎする僕。

安心してるから、はしゃげる。嬉しいからだよ。



(本文より抜粋)

2021年9月27日(月)~10月9日(…


この13日間は、不調とうまく付き合う時期です。

アレコレ考えず、実践してみることを意識してみましょう。

日常 8月

北京と別れ、東京ではじまった新しい生活。

中国出身の写真家、洪十六さんがフィルムカメラで露します。

詩人・谷郁雄の日々の言葉 22

好きな人の
きらいなところ
切り取って
捨ててしまいたい



(「キリトリ線」より抜粋)

「キミと暮らす僕達。元は野良猫。元は売ら…


生まれた境遇も出身も違うけど、今は仲良しな兄弟。

ママのキミも、僕達を同じに、家族と思ってくれる。

だから、部屋だけでなく、気持ちまで、あったかいよ。



(本文より抜粋)

《スペシャル対談》母の死は、だれにでも訪…


母の死を詩に記録するということ。コロナは死生観を変えたのか…。

世界唯一の対談、後編をお届けします。

めよりみみより 9

歌う、踊る、祈るは、人間が言葉を獲得するまえからの原始的な行為。

そこに還って感じたい、見たい景色があるんだとおもう。



(本文より抜粋)

《再掲》今までになかった「色の辞典」。1…


写真家の想像力によって、風景の色が日本の伝統色と結びつく。

『四季彩図鑑』の作者、北山建穂さんに話を聞きました。

読み込むページはありません