特集

世界中の人を泣かせたいなら、写真はやめたほうがいい。

写真にできること、写真でしかできないことは何なのか?

「ソラリーマン」「スクールガール・コンプレックス」「少女礼讃」で知られる写真家の青山裕企さんに話を聞きました。

「少女を撮ることは搾取なの?」そんなデリケートな話題も交えながら、創作の根源に迫ります。

「妻の手料理を、何度も吐きそうになりなが…


ごく普通のサラリーマンが、借金2億円という巨額の借金を負うことに。食事は喉を通らず、眠ることもできず...。

そんなニュースでは語られないひとりの人間としての被害者の心情が描かれています。

一度食らいついたら離さない! すっぽんの…


簡単なようで難しい、「諦めずに挑戦し続けること」。

絵本作家のはまだみわさんに、作家になるまでの道のりや絵本づくりで大切にしていることを聞きました。

前編よりさらに深く掘りさげていきます。

《スペシャル対談》母の死は、だれにでも訪…


母の死を詩に記録するということ。コロナは死生観を変えたのか…。

世界唯一の対談、後編をお届けします。

《再掲》今までになかった「色の辞典」。1…


写真家の想像力によって、風景の色が日本の伝統色と結びつく。

『四季彩図鑑』の作者、北山建穂さんに話を聞きました。

ソナチネ詩音は何者なのか。シソンヌじろう…


お笑い芸人シソンヌのじろうさんが意味深な帯文を書いたデビュー作や、湖池屋のマーケティングコンサルタントという異色の経歴で話題を呼んでいる作家のソナチネ詩音。

そんな彼女に、独自に築き上げた表現手法やその思想、そしてデビュー作の誕生秘話を改めて聞きました。

《再掲》話し方次第で人生が豊かに変わる。…


「コミュニケーションひとつで相手に伝わる印象が、がらりと変わる。」

仕事での関係、友人との会話、初めて会う人に自分を上手に伝えるためには…。

アナウンサー歴28年の浅沼道郎さんに、話を聞きました。

《スペシャル対談》母の死は、だれにでも訪…


小説家のカワカミ・ヨウコさんが、『詩人と母』を刊行した詩人の松崎義行さんと田原(ティエン・ユアン)さんと対話しました。

母を亡くした2人の詩人。共通の体験から、日本と中国の「家族の概念」の違いが浮き彫りになっていきます。

読み込むページはありません