み

《再掲》「自分のために書いた物語」から「人に見せたい物語」へ。絵本『鷲鳥と女の子』の作者、上田まさみさんに話を聞きました


『鷲鳥と女の子』の根強い人気と書店売り切れ続出にあたって、過去の特集を再掲します。

読む人を引き込み、輝く世界へ導いてくれる上田まさみさんの文章は、どこからうまれたのか。

たくさんの話を聞かせてくれました。

2021.07.22

み

自分の本当の感情に忠実に生きるには? コロナや医療崩壊のはざまで思うこと。【医学博士 木ノ本景子×小説家カワカミ・ヨウコ スペシャル対談(後編)】


コロナからわたしたちが学ぶこと。そして、医者の視点から見る医療崩壊について。

ワイドショーではなかなか聞けない、深く切り込んだトークをお楽しみください。

2021.07.20

み

おうち時間を心地よく。アロマを暮らしに、自分にもっと近づける。メグミ・ジョー先生のアロマ講座(後編)


アロマは好きだけど、自己流で…。

そんなみらパブ編集部のかわぐち&かさはらが、アロマセラピストのメグミ先生に学びました。

おうち時間がより心地よくなるヒントがありそうです。

2021.07.15

み

自分の本当の感情に忠実に生きるには? コロナや医療崩壊のはざまで思うこと。【医学博士 木ノ本景子×小説家カワカミ・ヨウコ スペシャル対談(前編)】


「自粛警察」という日本独自の風潮や、コロナで性格が変わってしまった知人たちについて。

ワイドショーではなかなか聞けない、深く切り込んだトークをお楽しみください。

2021.07.13

み

女子ひとり(逃亡)温泉旅。栃尾又温泉でラジウムのぬる湯と旅館のおもてなしに浸ってきた


あー、もう逃げたい…。

みらいチャンネル編集長、しばしお暇をいただき、「お一人さま歓迎」「静寂の湯」の栃尾又温泉に行ってきました。

2021.07.02

み

おうち時間を心地よく。今日から、アロマをはじめよう。メグミ・ジョー先生のアロマ講座(前編)


アロマには興味あるけど、何からはじめればいいか分からなくて…。

みらパブ編集部のかわぐち&かさはらが、アロマセラピストのメグミ先生に学びました。

思ったよりも気軽にはじめられるアロマの世界を覗いてみましょう。

2021.07.03

み

《再掲》みずみずしい水彩が織りなす、地球の「いのち」と「色」をめぐる冒険。おぶちあきこさんが描く絵本の世界


もしも人の心や音楽が目に見えたら、こんな色やかたちになるのかもしれない。

そんな世界を筆先から生み出し続けている作家の小渕暁子さんに話を聞きました。

2021.07.06

み

今までになかった「色の辞典」。105の伝統色を日本の四季に重ね合わせたビジュアルガイド『四季彩図鑑』の創作秘話を聞きました


写真家の想像力によって、風景の色が日本の伝統色と結びつく。

『四季彩図鑑』の作者、北山建穂さんに話を聞きました。

2021.06.16

み

「きらきら まんまる とってもきれい」絵本『まんげつのよるのピクニック』作者のむらうこさんに話を聞きました。


温かみのある絵と詩的な表現の絵本『まんげつのよるのピクニック』。

作者、のむらうこさんに話を聞きました。

可愛らしい動物たちと、あの頃のわくわくを思い出してみませんか?

2021.06.29

み

糖質オフってどんなもの? おいしさを追求しながら健康に若々しく生きる。そんな欲張りを叶えてくれる方法を、料理研究家の安田洋子さんに聞きました


こんなに美しく、おいしいケーキが糖質オフなんて、食べても言われるまで気づかない。

そんなスイーツのレシピを次々と生み出し続け、レシピ本『砂糖ゼロでもおいしい!糖質オフの幸せスイーツ』を出版した安田洋子さんに話を伺いました。

2021.06.01

み

《コンテストの裏側》写真家・青山裕企さんと受賞作品について語る vol.2「カラーではなくモノクロにした意図」


第4回写真出版賞で特別審査員を務める写真家の青山裕企さんと、大賞を受賞したキセキミチコさんの作品「A complicated city」について話しました。

2021.05.30

み

《再掲》「ちょっともってて」と食べかけのアイスを渡されたら、あなたはどうする? わにくんの心の葛藤をコミカルに描いた絵本『わにくんのだめだめアイス』創作秘話を聞きました


「こんなこと、あるある」「わかる、わかる!」

みんながクスクス笑ってうれしくなるような物語をつくっている絵本作家すみくらともこさんに話を聞きました。

2021.06.23

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階