week

詩の定期便 21

月のかけら落ちて
みゅーと泣くの 誰

借金2億の地獄を見たしくじり先生に訊く

本当はこわい不動産投資。スルガ銀行の闇にせまる

日常 5月

北京からやってきた洪十六さんのフィルムカメラ日記。初夏の匂いがする。

詩の定期便 21

私はお化けのカノジョと付き合っています
最初はお化けだと気がつきませんでした

詩人・谷郁雄の日々の言葉 36

そうか 妻はいつも
こんな近くで ガスの炎と 戦っていたのか

インスタ撮って、詩をつけて。 (第6回)

撮った写真から詩を発想すると、
どんどん詩を書く回路ができてきます。

日常 4月

中国から日本へ。洪十六さんのフィルムカメラ日記。新しい予感がする季節。

詩人・谷郁雄の日々の言葉 35

今日が
人生最後の日でも
私は 学校に行くだろう