児童文学作家の高木敏子先生から、『かたみみピョンタ みんなともだち』の推薦文が届きました

お知らせ
2021/07/16

 

 

『かたみみピョンタ みんなともだち』著者のしまださんは、訪問看護師の仕事をしています。

以前勤務していた施設で、児童文学作家の高木敏子さんに出会い、絵本制作について指導を受けました。

今回、しまださんが満を持して絵本を出版することになったため、高木先生に推薦文を依頼したところ、OKをいただくことができました。

 

高木敏子先生の『ガラスのうさぎ』は、教科書で読んだことのある方も多いのではないでしょうか?

かたみみピョンタの編集担当者である山田も、教科書で『ガラスのうさぎ』に出会いました。

(『ちいちゃんのかげおくり』と合わせて忘れられない戦争の物語です。)

あの高木先生の指導を受けられたしまださんは幸運な方ですが、それまでコツコツ表現を続けてこられたからこその出会いだと思います。

 

下記、高木先生の推薦文です。

 

 

 

 

先生、お父さん、お母さんへ。

皆でがんばればできた!!

 

この本は、小学校一、二年生のお顔を心にうかべながら書いた本です。

そのためには、まず、先生、お父さん、お母さんに読んでいただきたい。

 

朗読劇調で、私は娘にも息子にも読んであげました。

本は、三回くらい読んであげると、子どもはしっかり覚えて、暗記して、今度は劇ごっこ調で読んでくれます。

そして本の内容を話してくれます。

この本であれば、「ひとりではできないことも、皆でやれるんだね」と。

「僕たち、私たちはやった!!」と達成感で、うれしくなるでしょう。

また、次の本が読みたくなるでしょう。

 

本は「心の宝石」です。

私は戦争で、12、3歳で両親と二人の妹と死に別れましたが、89歳までなんとか社会人として生きてこられたのです。

どうぞ先生、お父さん、お母さん、子どもたちにお友だちと仲良くまっすぐな道を歩けるよう、育ててあげてください。

大事な子どもたちを、がんばれる子に!!

 

 

 

 

戦争を体験し、89年生きてこられた人生の厚みが感じられる文章です。

ちょうどうちには小学校1年生の娘がいて、『かたみみピョンタ みんなともだち』を読み聞かせすると、高木先生が言われているような反応をしています。

2回目に読んであげたときには「ダメダメダメ」と言うところで、動物たちのポーズを真似し始めました。

私が見落としていたネズミのかわいい行動に気づいて教えてくれたりして、子どもの視点はさすがだと思います。

しまださんにも同じ年頃のお子さんが2人いらして、これまでお子さんたちの反応を見て作品を高めてこられた賜物です。

「本は『心の宝石』です」という高木先生の言葉を心にとめて、仕事をがんばろうと改めて思いました。

高木先生、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

(山田)

 

 

《 本について 》

かたみみピョンタ みんなともだち
著者 しまだたいすけ
ピョン ピョン ピョンタの ぺったらこ みんなで ついたら うまい もち!

 

 

 

 

 

2021.07.16

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階