かたみみピョンタ みんなともだち

著者しまだたいすけ

価格 1430円(税込)

A5判 32ページ 上製 オールカラー

2021年7月16日 ISBN978-4-434-29241-5

ピョン ピョン ピョンタの ぺったらこ
みんなで ついたら うまい もち!

恐れやさみしさを乗り越えて、外の世界に飛び出したピョンタを応援したくなる!
仲間といっしょに作って食べるおもちはおいしいぞ♪

 

うさぎのピョンタは、おおかみに襲われてお父さんとお母さんをなくし、
それからはひとりで巣にひきこもっていました。

 

ある日、
「トン チュウ トン チュウ トントントン チュウ トン チュウ トン チュウチュウチュウ」
と、外からふしぎな歌がきこえてきて、ピョンタは思いきって外へ飛び出します。

 

歌っていたのは、もちつきをする動物たちでした。
ピョンタは、家にあった杵を持ってきて、もちつきの仲間にいれてもらいます。
続いて、ヤマアラシも仲間にいれてもらおうとしますが、他の動物たちに断られてしまいます。
ヤマアラシを仲間に入れるため、ピョンタが考え出したヤマアラシの仕事とは……??

 

 

かたみみピョンタってどんな子?
お父さんとお母さんが、おおかみに食べられてしまってから、ひとりで巣穴にこもって暮らしていた。
自分もおおかみに襲われたときに、かたみみを食べられてしまう。
かたみみをなくしてからは、自分で作ったみみを、お母さんが大切にしていたボタンでとめている。
裁縫が得意だったお母さんのボタンをみみにつけると、ピョンタはひとりでもがんばれる気持ちになる。
毎日その日の気分でボタンを選ぶ、じつはとってもオシャレさん。

 

 

編集者からのコメント

 

少年の頃から『ぐりとぐら』が大好きだった著者が、独学で創作を続けてきた想いが結実した絵本です 『ぐりとぐら』が好きな人はもちろん、絵本を愛する皆さんに、ぜひ読んでいただきたい作品です。 著者は看護師の仕事をしながら創作を続けるうちに、幸運にも児童文学作家の高木敏子氏(『ガラスのうさぎ』著者)に出会い、指導を受けました。 好きな表現を続けるうちに素敵な出会いがあり、こんなにいい作品を作れるようになるんだという、希望を感じながら作りました。 対象年齢:3歳くらい〜 判型:A5判 上製 オールカラー

 

 

画像をクリックすると大きくなります

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 ご自由にどうぞ!

【非営利使用許諾済】この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。  みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

 

しまだたいすけ

1987年生まれ。千葉県出身。
訪問看護師の仕事をしながら創作を続けている。
幼少の頃から独学で絵を描き続け、
2人の子どもと遊ぶうちに、子どもの世界に引き込まれて絵本の創作を始める。
高木敏子氏に師事し、絵本制作について学ぶ。
ピョンタは、昔からよく描いていたキャラクター。著者の親友でもある。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階