めよりみみより 呼吸するように音楽を 10

イメージ
By 編集部 / 2021.12.22

この連載について

 

職場に、歌うように働く人がいる。

話すときも考えるときも、歌っているよう。

みんなその歌が聴きたくて、彼女と一緒に働いている。

 

歌手であり、みらいパブリッシングの編集者でもあるMitsuyoさん。

彼女が歌うステージが、みらいチャンネルにできました。

今日は、「ライオンとフクロウ」と、絵本の世界から生まれた曲「ゆめをみようよ」を歌います。

 

 

 

 

 

「えほんの音楽」を観てくださったみなさま、

心からありがとうございます。

 

以前から室内楽的な音作りを試してきて、

イメージしてきたものがやっと形になった気がします。

 

 

本番当日は、とても晴れ晴れした気持ちでした。

歌いながらどんどん解放されて、

この世にたったひとりの自分がいて、

ただいまのような、はじめてのような、

大きなエネルギーに包まれました。

 

 

音楽は私にとって最高のコミュニケーションです。

 

生きるために精一杯だからこそ、

たちどまって耳をかたむけてもらいたい。

そのためにもっと努力がいるなとおもいました。

 

配信は初めての試みだったけど、

素敵なメンバーとスタッフさんたちのおかげで、

安心することができました。

 

音の渦を感じられる生ライブ、好きなときに観てもらえる配信、

どちらの良さも次につなげていきたいです。

 

 

〜 配信ライブ「えほんの音楽」より ~

 

「ライオンとフクロウ」

 

「ゆめをみようよ」

 

 

 

 

「えほんの音楽」について

配信ライブ「えほんの音楽」で、『もりのきでんしゃ』『おもちぽん』『わにくんのだめだめきゅうり』などのテーマソングを楽しもう(11月14日~配信スタート)

 

 

《 バックナンバー 》

記事一覧表示

 

 

《 プロフィール 》

Mitsuyo

うたうたい。京都出身。ジャズ好きの父、ポップス好きの母からなんとなく影響を受け、幼いころから歌うこととピアノを弾くことが好きだった。ミュージシャンたちとの出会い、東京での生活、様々な出来事の中で、音楽そのものに対する感じ方もめまぐるしく変化。その後、ボイストレーナーとして経験を積みながら、声や身体と深く向き合うようになる。ただいま子育ての真っ最中。本づくりの仕事にたずさわりながら、さらなる表現の世界を追求している。チャップリンやムーミンの世界、細野晴臣さんの音楽、Woody Allenの映画が大好き。

HP:https://mitsuy0utautai.jimdofree.com/
Instagram:@mitsuyo_undeuxtrois

 

 

《 Mitsuyoさんの歌う、絵本のテーマソング 》

https://miraipub.jp/songs/