詩のラストピースを探して【7】

連載
2020/08/27

この連載について

絵本作家あんのくるみさんが書いた詩に、ゆかりさんが絵を添えてくれました。

“募ったイラストを重ねて完成する” あたらしい詩のかたち。

ウェブでしかできないオリジナル企画です。

 

 

 

 

 

 

選ばれたイラスト

 

 

あんのくるみさんからのコメント

ふたりを見守る金魚たち。
彼らの姿は、今年の「特別な夏」を過ごすふたりなのでしょうか。
それとも、誰かにとって「特別だった夏」の幻影なのでしょうか。
ゆかりさんの描く、夏の夜市の切ない香りに胸打たれました。
ご応募くださった皆さま、本当にありがとうございます。
作品ひとつひとつに夏の思い出が詰まっていて、素敵な納涼をさせていただきました。

 

イラストを描いたのはこんな人

ゆかりさん

私の夏といえば、お祭りの金魚すくい!でしたので、金魚すくいの金魚がカップルの行く末を見守っているようなイラストにしました。
りんご飴がポイントなので遠目のアングルでも、強調出来ていたらいいなと思います。
「かき氷」「りんご飴」と夏の詩に連続で選んで頂き嬉しい限りです。
ありがとうございます。
Paletteというアート集団に参加し、我流のため、そこでアドバイスをもらい技術をあげているところですので、今後も見守っていただけると幸いです。
ツイッターに作品を載せてあります。

https://suzuri.jp/yujari
https://line.me/S/sticker/12123757
https://twitter.com/yujari0402/

 

 

バックナンバー

「詩のラストピース」記事一覧

 

作者プロフィール

あんのくるみ

絵本作家。埼玉県生まれ。第3回絵本出版賞優秀賞を受賞。童謡詩「くんくん」で柳波賞佳作を受賞。朗読企画「こんな夢を見た。」short short story2020を受賞した作品が、福岡市美術館にてツカノマレーベル主催朗読公演に起用され好評を博す。無類の猫好き。

Twitterで絵本や愛猫との日々について発信中

あんのさんの絵本「つまさきもじもじ」の詳細はこちら

 

2020.08.27

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階