わにくんのだめだめきゅうり エピソード0 【9】

連載
2020/08/25

この連載について

こんにちは、絵本作家のすみくらともこです。

『わにくんのだめだめきゅうり』が6月4日に発売開始され、たくさんの方から「面白い!」「癒される〜」との嬉しいお言葉をいただいております。

そこで絵本を読んでくださった方に感謝を込めまして『わにくんのだめだめきゅうり エピソード0』を連載にてお届けしています。

今回は、第9話です。

それでは 張り切ってどうぞ!

 

 

 

 

🥒🥒🥒🥒🥒

 

 カッターとPiTのりを駆使して長年手作り絵本を作ってきましたが、
今度はそれを流通に乗せて、たくさんの子供達に届けねばなりません。
やるべき作業は、初めての領域ばかりでした。
 
 まず、タイトルを「となりのきゅうり」から「わにくんのだめだめきゅうり 」に変更しました。
表紙も、よりきゅうりが目立つように描き換え、タイトル文字を上部に移動させました。
内容も、これまたご指導いただきながら、あちらこちら描き換えていきました。
 
名刺を作り替えたり、グッズを制作したり、SNSを整備したり・・・
 
ところが・・
 
 この頃コロナの感染が急激に広がり、緊急事態宣言が出されてしまったのです。
外出もままならず、ほぼ全ての機能が停止してしまいました。
企画していた原画展も中止せざるを得なくなりました。(その後またやる事になりましたが)
 
 大丈夫だろうか・・・こんな時期に出版なんて無理だ・・・
いつ出版中止の連絡がきてもおかしく無いと覚悟していました。
 
 担当さんからの不在通知。
ああやっぱりかと落胆しながら電話をかけました。
 
ですが、それは、絵の内容の話でした。
 
中止じゃ無いんだ・・・
在宅勤務で大変な中「だめだめきゅうり」を発売するために、みなさん懸命に進行して下さっていたのです。
 
 私はわにくん達の母親で、生み出さねばならぬと躍起になっていたけれど、実は父親だったみたいです。
生み出してくれるのは母親。
宿った胎児は出版社という母の体内で、大事に守り育てられていました。
そして母は強しだったのです!
 
手作り絵本を作っていた時と違い、一人じゃ無いんだなと胸が熱くなりました。
 
 

 

つづく

 

🥒🥒🥒🥒🥒

 

 

 

 

 

 

次回もおたのしみに!

 

 

バックナンバー

記事一覧表示

 

作者プロフィール

すみくらともこ

絵本作家。長崎県生まれ。四児の母。
絵本アカデミー警固塾、水曜絵本塾にて絵本作りを学ぶ。
2017年 大島国際手作り絵本コンクール銅賞。2018年 大島国際手作り絵本コンクール奨励賞。
2019年 東京展絵本の部屋マーベラス賞。2020年 第4回絵本出版賞 最優秀賞。
豊かな感性を育む、読み聞かせのしやすい作品を目指している。
趣味は読書と線画スケッチと漫才鑑賞。

HP: https://www.sumikura.org/

すみくらさんのInstagramでも4コマ漫画を連載中

絵本原画展を8/28(金)~9/8(火)まで開催予定!

  

早くも増刷が決定!大人気絵本の詳細はこちら

すみくらさんが応募した絵本出版賞は、現在第6回目の募集を行なっています。

2020.08.25

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階