猫は家族

きなちゃんとダンくんが私に教えてくれたこと

著者安西政美

定価 1400円+税 A5判並製 オールカラー 64ページ

2020年6月11日 ISBN978-4-434-27571-5

猫と人は家族になれるのか?その答えはこの本のなかにある。

猫は好きな人のそばにいる。そのことで人もまた救われる。
良い時も、悪い時も、この猫たちと暮らしていきたいと思える幸せがある。
境遇のちがう二匹の猫、きなちゃんとダンくんを家族に迎え入れた写真家の
猫への愛にあふれる写真とポエムが感動的。

「僕を撫でてくれたのは、神様でなくキミだった。
僕を抱いてくれたのは、神様でなくキミだった。
僕を家族にしてくれたのは、キミだけだった。
僕の願いを叶えてくれるのは、大好きなキミだけなんだ。」
−−本文の詩より

安西政美(あんざい まさみ)

1975 年生まれ。埼玉県出身。

看護師免許(動物看護師ではない)と看護臨地実習指導者資格所持。
子供の頃に祖母が拾った猫が 26 年間生き、36 歳までその猫と共に生きる。
その後、保護猫譲渡の為の保護猫撮影を経て猫写真家となる。
現在は SNS に、二匹の愛猫の写真と、猫への愛情と救済を深める詩を公表している。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階