「会社売却」を「会社エグジット」と呼び、前向きにとらえる1冊。後継者のいない中小企業の社長さんに贈りたい

お知らせ
2021/08/24

 

後継者不在で、大廃業時代が来るといわれている「2025年問題」。

 

来るべき未来に備え、後継者のいない中小企業の社長に伝えたい。

そんな1冊が、『愛の会社エグジット』です。

 

本屋さんが好きな方なら、いちどはこの本とこの顔を見かけたことがあるかもしれません。

 

 

 

著者の吉田学さんは、50歳(起業20年)のとき、身内に事業承継するための後継者育成を行うも3年で挫折。

第三者に会社を売却する方法がいちばんと判断し、1年で同業社に会社を売却した経験があります。

 

この「会社売却」の経験を「会社エグジット」と前向きに捉え直し、事業承継のメジャーな手段として紹介する活動を行っています。

この本は、そんな吉田さんの活動をまとめた集大成。

 

ひとりで悩んでいる経営者の方に、ぜひ手に取ってほしいです。

 

 


2021/8/24(火)日本経済新聞掲載

 

 

《 本について 》

愛の会社エグジット
著者 吉田学
会社を第三者に売却し社長を卒業! 第二の人生に進むための指南書

 

 

 

 

 

2021.08.24

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階