大切なことは小さな字で書いてある

著者谷郁雄

定価 1400円+税

2018年12月20日 ISBN 978-4-908827-47-1

詩に飽きたら、また日常へと戻っていけばいい。 そのとき、少しだけ、日常が新鮮に感じられるはず。『詩の時間』シリーズ創刊!

 

詩の時間を生きる『詩の時間』シリーズ。

人生に詩を取り入れる、新しい鑑賞法を提案する本のスタイルです。

普段から詩に親しんでいる人も、詩はちょっと苦手という人も、
コーヒー片手にそれぞれの「詩の時間」を見つけてほしい。

詩に飽きたら、また日常へと戻っていけばいい。

そのとき、少しだけ、日常が新鮮に感じられるはず。

 

 

本文より

 

「コーヒー」

電子レンジが
壊れたのか
コーヒーが
温められない

何度か
やってみても
ぼくのコーヒーは
生き返らない

冷たいまま
飲み干して
自分の命のぬくもりで
コーヒーを温め直す

 

「25% 増し」

真っ青な空と
白銀の雲と
純金の光と
ゆるやかな時の流れ

いつか
未来の
とある一日

まだ
二人がともに
元気だった
今日のことを

ひとりぼっちで
なつかしく
思い出す日が
来るかもしれない

そう思うと
今日の
何もかもが
25% 増しの
美しさで
ぼくの心に迫ってくるのだ

谷郁雄(たに いくお)

1955 年三重県生まれ。同志社大学文学部英文学科中退。
大学在学中より詩作を始め、78 年に大学を中退後、上京。
90 年に『死の色も少しだけ』で詩人デビュー。
93 年『マンハッタンの夕焼け』が小説家の辻邦生の目にとまり、第3回ドゥマゴ文学賞の最終候補作に。
詩集に『自分にふさわしい場所』『日々はそれでも輝いて』『無用のかがやき』『思春期』『愛の詩集』『透明人間 再出発』『バンドは旅するその先へ』『バナナタニ園』他多数。
詩集の他に、自伝的エッセイ集『谷郁雄エッセイ集 日々はそれでも輝いて』などがある。
いくつかの作品は、信長貴富氏らの作曲により、合唱曲にもなっている。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階