これからは入社5年経ったら、もう独立起業しなさい!

~会社にしがみつく時代は終わった!~

著者山本佳典

定価 1500円+税

2020年11月17日 ISBN 9784434281983

終身雇用制度が崩壊した今、入社5年経ったら独立起業しよう!

終身雇用の崩壊、副業解禁、働き方改革、AI(人工知能)時代の到来……。

従来の働き方の常識はすっかりなくなってしまった。

さらに、新型コロナウイルス感染拡大は、起業倒産、従業員解雇、人件費カットなどの経済低迷を世界的に引き起こし、オフィスワークからテレワーク体制へと急速に働き方を変えていかざるを得なくなった。

世間でどんなに優良とされている大企業に就職できたからといって、約束されたものなど何一つないのである。

明日、突然会社が倒産したとしても何ら不思議なことではないのだ。

そうであるなら、どのような時代になっても、会社にしがみつくことなく、自分ができる仕事をしていくためのスキルが必要である。

そのスキルが、「独立起業力」だ。それを本書で学ぶことができるのである。

最も重要なポイントは「入社5年目」にある。「入社5年目」は、独立起業を具現化する上で、ビジョンが明確に見えてくること、またスキルが十分に身についていること、この2つが非常にベストなタイミングなのである。

だからこそ入社1年目から、すでに5年目を見据えて働いてみることだ。

そして、自分のキャリアを磨きながら、自分が得意とすることは何かを見極めていくことが重要だ。

得意なことを仕事にすることで、自分だけのキャリアとして独立起業を成功させることができるのである。

独立起業など自分には関係がないと思っている人も、本書を読めば、自分にも可能性があると気づかせてくれる納得の1冊である。

【目次】

はじめに
――入社5年目だからこそ、自分のキャリアを自らつくろう

・銀行員だった僕が「入社5年目から起業」したのは明確な理由がある
・ウィズコロナ時代を生き抜くために本当に必要なスキルは「独立起業力」
・「入社5年目から独立」することで、自分のキャリアを生きていく

第1章 入社5年目は、独立起業の最大のチャンス!
――これまでの常識・慣習を疑い、自分の選んだ道を生きよう

第2章 自分の「得意」なことが仕事になる
――5年間の会社経験の中から探し出そう

第3章 自らの「立ち位置」を知ることで、オンリーワンが見えてくる
――会社ではなく、社会が求めるポジションを考えよう

第4章 「時間」の管理ができた者が成功する
――自分も人も生かすタイムマネジメント力をつけよう

第5章 「コミュニケーション力」を磨いて良好な人間関係をつくる
――自分も相手も同等の関係を築こう

第6章 「人を巻き込む力」こそ、ビジネス発展の要
――あなたの大きなビジョンに、人もお金も呼び込もう

第7章 「お金と投資」の考え方次第で働き方が変わる
――経営者意識を持とう

おわりに

 

 

編集者からのコメント

不安定な世の中であるからこそ、安定を望むのが人間の性である。
しかし、著者も大企業に就職したが、安定は得られなかった。
その貴重で壮絶な体験により、自分自身が自分の人生の向かうところを間違えているのではないかという考えに至る。
これまでのビジネスパーソンの常識が、まさにすべて崩壊しようとしている今、著者自身が独立起業・副業のプロデュースを行う会社を設立し、約4年で700名以上の支援を行った経験からも、本書には、自信を持って独立起業の成功法則が述べられている。
独立起業をするにはどうすべきか、どう行動すれば独立起業を成功させることができるのかを導き出し、自らの失敗談も示しながら、体系的に懇切丁寧に説明している。
独立起業を考えている人に必読の1冊である。

山本佳典(やまもとよしのり)

1989年岡山県津山市生まれ。同志社大学経済学部卒業。「産業組織論」を専攻。
競争市場における製品差別化の理論分析を重ねる。卒業後、株式会社三井住友銀行に入行。
延べ 2,000名以上総預り資産100億円超のVIP個人顧客の金融資産管理を担当。
入社1年目から全国表彰を受ける。
トップセールスマンになるもパワハラによるストレスから、失声症・全身じんましんなど自律神経失調症を発症。
その後自殺未遂を経験するなど、命の危機に直面したことを転機に、自身が最も活躍する場所(=ポジション)を選び間違えていると確信。
製品差別化理論とマーケット分析手法、独自の商品販売手法を体系化し、入社5年目の27歳で独立。
貧しい家庭環境で育ったことで「自分の子どもには惨めな思いはさせない」と決意。
独立後、2年で年商1億円を達成。
セミナー / コンサルティング依頼は紹介だけにも関わらず、全国から殺到。
「我慢するな、自分で選べ! 」という理念のもと、家族を幸せにする時間と対価を同時に手に入れたいと願う、若手起業家のスタートアップに力を注ぐ。
これからの時代が求める新しい働き方だと各種メディアも注目。
日本テレビ『NEW アベレージピープル』や新聞、ラジオ、経済雑誌、月間 45 万 PV(閲覧回数)を誇る WEB メディアのコラム執筆など注目が高まっている。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階