おなかちゃん

著者猫月うた

定価 1300円+税

発行 2020年10月30日 ISBN 978-4434281853

あれ? こんなところに小さな子が!
おなかちゃんの中で、 どんどんと大きくなって…。

おなかちゃんに宿った小さな命は、
少しずつ少しずつ成長し、
いつしか外の世界へと出て行きたがるように。
その子のことが大好きなおなかちゃんは…。

著者の猫月うたは4人のお母さん。
「赤ちゃんがいなくなって、
おなかは寂しくないのかな」
多くのおかあさんが感じているかもしれない素朴な疑問。
そして、小さな命を育んだおなかちゃんへの大きな感謝。
そんな思いを持って、おなかちゃんを描きました。

命が宿ったその瞬間から、その子への愛情は注がれています。
お子さんとおかあさんおとうさん、
一緒に読んで”その時のこと”を思い出していただきたい、
とても温かな絵本です。

 

編集者からのコメント

おなかちゃんの中に生まれた小さな命。
どんどんその子は大きくなって、
いつしか外の世界に出て行きたがるようになります。
その時おなかちゃんは…。
そしてその子が向かっていった外の世界って…。
命の誕生を、その瞬間から祝福したくなる
命のおはなしです。

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 ご自由にどうぞ!

【非営利使用許諾済】この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。 みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

 

猫月うた(ねこつき うた)

1965年、札幌生まれ。札幌大谷短期大学美術科油彩コース卒。
学生時代、人形劇や芝居にはまる。苫小牧のお寺へ嫁ぎ、4人の子を持つ。
お寺の一画で絵本や児童書の文庫を始める。小学校での読み聞かせ、人形劇公演も行う。
末の子が事故のため瞬きでしか交流できない障がいを持ったことから字の大きな絵本を描き始める。
本作は次男が生まれた時に「おなかはさみしくないのかな?」と思った事がきっかけで生まれた。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階