ペンギンがとぶ

著者ひだのかな代

定価 1400円+税 オールカラー

2018年1月1日 ISBN 978-4-908827ー32ー7 C8790

 

 

すべての人の夢をはぐくむ絵本

 

 

歩くのは苦手で、だいたいいつも、おなかすべり。
「いつか自分も空を飛びたい」と夢見るペンギンの「ぼく」。
カモメの幼稚園で飛び方を習うが・・・

勇気をもって、夢見ることの
すばらしさが感じられる絵本。
ペンギンやカモメの動き、
色が美しく描写されているところも
ひだの作品の見どころです。

けんぶち絵本の里大賞 受賞 第1作

 

ひだのかな代

札幌市在住。自他共に認める動物好き。
代表作は『ねこがさかなをすきになったわけ』『りんごりんごろりんごろりん』(みらいパブリッシングより復刊)、『にこにこぎゅっ』『オビとタネ』(中西出版)、紙芝居『おさるさん』(童心社)、
『うまれるまえのおはなし』『ペンギンがとぶ』(ポエムピース)、『ねこちゃん どうしたの?』『いただきますレストラン』(みらいパブリッシング)など。
『ねこがさかなをすきになったわけ』『りんごりんごろりんごろりん』『うまれるまえのおはなし』はけんぶち絵本の里大賞びばからす賞を受賞するなど、受賞歴多数。講演活動なども行う。
AIR-G’ FM北海道「にこにこぎゅっ」パーソナリティとしても活躍中。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階