しろ(原作:芥川龍之介)

著者田中伸介

定価1500円+税 B5判 上製 48ページ

2020年1月10日 ISBN978-4-434-26967-7 C8795

見て見ぬフリは「罪悪」か。こころに残る名作『白』の絵本

繊細かつ力強い線画のプロフェッショナル絵本作家「田中伸介」が、鉛筆ひとつで、芥川の深淵を描きます。
ページを捲るたび、映画のコマ割りのようなショットから、世界に引き込まれていく、レンジが広く力のある作品です。

田中伸介さん自身が、むかし祖父の家で飼っていた「リュウ」の思い出が「しろ」となって作品になったという。筆者の想いがいっぱいつまった作品に仕上がっています。

◆小学3年生~大人まで幅広い世代の方に楽しんでいただけます
芥川文学の入り口にも、こころの教育本としてもオススメです

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 FREE

【非営利使用許諾済】この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。 みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

田中伸介(たなか しんすけ)

絵本作家。イラストレーター。
1964年熊本県生まれ。会社員、漫画家アシスタントを経て独立。

絵本作品に、『カピバラくん』『あめあがりのカピバラくん』(理論社)、挿絵作品に『おこりんぼの魔女のおはなし』シリーズ(早川書房)、『こわい! 』シリーズ、『怪盗カップニャードル』シリーズ、『怪談ー24の恐怖』(講談社)、『たすく先生のスケッチブック』シリーズ(雷鳥社)、『注文の多い料理店』(河出書房新社)、『きらり ながれぼし』(長崎出版)、『子ぎつねヘレンの10のおくりもの』(文芸社)などがある。
『しろ(原作:芥川龍之介)』(みらいパブリッシング)はスプリングインク主催、絵本出版.com「第3回絵本出版賞」で審査員特別賞受賞。

公式Twitterアカウント@ehonshinsuke
https://twitter.com/ehonshinsuke

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階