ぶんちゃんとおにいちゃん

著者海辺野ねこ

価格 1540円(税込)

B5判 24ページ 上製 オールカラー  

2022年9月26日 ISBN978-4-434-30978-6

モモンガプレス

抱きしめたくなるような猫の絵本が生まれました!

ある日のこと、
お兄ちゃんが白い子猫を拾ってきた。
子猫は「ぶんた」という名前を付けられ、
家族に見守られながら、すくすく成長していく。
やがて近所の猫たちからも頼られるボス猫にーー。
猫とお兄ちゃんの心の交流を妹の目線から描きながら、
「ほんとの幸せとはこういうことなのかもしれない」
と思わせてくれる絵本。

 

作者は、かつてともに暮らした猫をモデルに
この物語を書いたという。
大好きだったその猫はあまり長生きできなかった。
小さな悲劇が起きて、
あっけなく亡くなってしまったのだ。
その猫との思い出を絵本にして残しておきたいと思った。
絵本の最後の一文には、
そんな作者の願いがこめられている。

 

日本画の絵具と技法で描かれた絵は、
まさに、息をのむほど美しい。
忙しい毎日を忘れさせてくれる魔法のように。

 

画像をクリックすると大きくなります
 
 
 
 
 

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 ご自由に!

 

この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。 みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

海辺野ねこ(うみべのねこ)

画家・絵本作家。猫や亀など動物好き。実家は猫屋敷で、子供の頃から猫とともに暮らす。
以来、猫は兄弟や友のような存在。
猫との思い出や猫のあるある、
そこからふくらむ妄想など、猫好きが楽しめる作品作りを目指している。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階