がんになって

今日は治療だから休みます

著者下澤純子

価格 1650円(税込)

四六判 ソフトカバー 192ページ 

2022年7月21日 ISBN978-4-434-30667-9

みらいパブリッシング

もし「がん」と宣告されたら、 あなたは誰に伝えますか?

がんになったら、今まで通り生活はできるのでしょうか。
仕事は?
友人関係は?

さまざまな疑問が浮かぶけれど、
誰に聞いたらいいかわからない、
あるいは、誰かに知られて
「あの人、がんだって」
と特別視されたくない。

そんな思いを抱えた人は多いはずです。

親しい人ががんになった。
会社の同僚や友人が、がんになった。
気を使っていたつもりなのに、疎遠になってしまった。
あの人は変わってしまった。

そんな思いを抱えた人もまた、少なくないでしょう。

「がんになりました」
と自らのSNSで公表した著者が体験した
周囲の反応と、自分の気持ち、
日常生活のあれこれを通じて、

「がんになったあなた」
「大切な人ががんになったあなた」

それぞれの人々が、同じように過ごせる社会を目指すには
どうすればいいのかをつづりました。

がんになったあなたも
大事な人ががんになったあなたも
まず、がんを知ってください。

それは「あなた」を知ることになるのかもしれません。

【目次】
第一章 死にたい人も、生きたくなるのが「がん」
第二章 全てのことは、思い込みから始まる
第三章 友達編 自分が言われたらどう思うかを考えられる人と付き合えばいい
第四章 仕事編「自分は正しい」と思い込んでいる人を変えるのは難しい
第五章 逃げる、そして、手放す
第六章 「がんだから」「がんでないから」をやめる

編集者からのコメント
がんになったあの人を、
がんになったあの人を
「死ぬ」前提でみないでいてあげてください。

羅患前と同じ生活に近づけてあげてください。
がんになったあなたは、
声にだして、頼ってください。
この本のテーマは、どんな状況になろうとも、みんなが共存していける社会を目指すことです。
本を通じて、病気になったこと、病気でないことを活かす視点を、ぜひ想像してみてください。

下澤純子 (しもさわ・じゅんこ)

NPO法人ピュアスマイルスタジオ理事長。
神奈川県川崎市出身。生命保険営業専門コンサルタントとして、保険会社での講演を中心に活動。
2019年に乳がんに罹患。
2021年11月、がん経験者が生きやすくなるための、NPO法人ピュアスマイルスタジオを東京都品川区に設立。
「がんでも働く人を増やす」ことがテーマ。

NPO法人ピュアスマイルスタジオのHPはこちら
https://shimojun.world/

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階