パンダのどすん ボクのおきにいり

著者(handy)作:にしむらあい 絵:にしむらゆみこ

価格 1430円(税込)

A5判変形 24ページ 上製 オールカラー

2022年5月23日 ISBN978-4434303715

みらいパブリッシング

のんびりゆったり、どすんの日常。
若干12歳の作者による、令和のスタンダードになりそうな1冊。

 

パンダのどすんが家に帰ると、大好きな犬のリンゾウがいなくて…。

どうしよう どうしよう さびしいんだ。

どこにいっちゃったのかな?

 

のんびりしたどすんの口調がクセになる。

絵本に流れるゆったりした時間が、あわただしい日々をOFFしてくれる。

どすんは、いつもいそがしい日本人を救う救世主なのかもしれません。

令和の新定番になりそうな、とくべつな1冊が生まれました。

 

 

編集者からのコメント

 
パンダ愛あふれるこの素晴らしい絵本が、パンダを愛するすべての子どもたちと人々に届くことを願っています。
人から人へ、この絵本が贈りものとして広がっていくことを夢見ています。
 

作者のにしむらあいさんは、幼い頃から読書好きの文学少女で、この物語を書いたのは小学生の高学年のころ。

その物語にやさしく寄り添うようなイラストをつけたのは、お母さんのゆみこさん。

母娘の心のなかにはいつも大好きなパンダがいます。

そのパンダの名前は「どすん」です。

この作品は「パンダのどすん」シリーズの1作目を飾るにふさわしい、素敵に心やさしいお話です。

「どすん」の友だちとして登場するいぬの「リンゾウ」は作者がともに暮らしている愛犬のダックスフンドがモデルだそうです。

描かれているのは、「どすん」の誕生日の出来事。

「どすん」が買い物から帰ると、あれれ?

いぬの「リンゾウ」の姿が見えません…

いったいどこにいるのでしょうか?

その先を知りたい人は、ぜひ、この絵本のページを自分でめくってみてくださいね!

第7回絵本出版賞優秀賞受賞作

 

 
画像をクリックすると大きくなります

 

 

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 ご自由に!

 

この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。 みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

(handy)作:にしむらあい 絵:にしむらゆみこ

にしむらあい(娘)

2010年生まれ。幼い頃から読書好きで、自ら詩や小説を書く。本作はデビュー作だが、現在は「パンダのどすん」シリーズ3作目を執筆中。将来の夢はパンダの飼育員、映画監督、小説家、脚本家。2019年ラグビーワールドカップについて書いた詩が高く評価され、さいたま市児童生徒作文コンクール優良賞受賞。日本パンダ保護協会会員。

 

にしむらゆみこ(母)

1971年生まれ。桑沢デザイン研究所卒。デザイナー、イラストレーター。2020年よりフリーランスhandyとして活動。家族との会話や愛犬の行動など、なにげない普段の生活からヒントをもらい、「どすん」の日常をSNSに投稿している。日本パンダ保護協会会員。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階