美人はならび

美人は歯でできている 女性歯科医が伝える

著者加藤通子

価格 1650円(税込)

四六判 194ページ ソフトカバー 

2021年11月19日 ISBN978-4-434-29672-7

美人になるには「歯ならび」を矯正することです。

美しさを決める重要なポイントは、スタイルやファッションだけではなく、
「歯」であることはあまり知られていません。

 
なぜなら、歯をきれいにすること――特に歯並び――は年を取れば無理だと、
年齢を理由に諦めてしまうからです。
しかし、今は年など関係ありません。
高度な歯科医療を通じて60歳からでも美人女優のように生まれ変わることができるのです。
歯列矯正といえば、子供が装着している目立つワイヤー矯正を思い浮かべる人もいるでしょう。
しかし今の矯正用マウスピースは透明ですから、全く目立たず自然です。
 
また、歯並びのきれいな人は、歯磨きがしやすいので口腔内が清潔で健康になります。
そして、健康な歯で食べ物がおいしく食べられるので、栄養が行き届き、ますます美しくなることができます。
 
つまり、「きれい」と「健康」はお互いに深く関わり合っています。健康的な美しさを手に入れるのに遅いということはありません。
ぜひ一歩踏み出して、あなたも美人になる幸せを手に入れましょう。
 
目次
第1章 50歳からの美は歯が決める
第2章 「美人はならび」で熟年女優化計画始めませんか?
第3章 「歯」のきれいと健康はつながっている
第4章 人の体は食べたものでできている
第5章 自分の幸せは自分でつかむ

 

編集者からのコメント

美しいものに憧れる女性歯科医だからこそ、女性の気持ちをよく理解した上で、最高の歯科治療を行うことが可能であるということが説得力を持って語られている。
現代の高度な技術の審美歯科医療によって、誰もが女優のようになれるほど「歯ならび」を変えることは可能であり、それによって、「美しさ」と「健康」の両方を手に入れることができるという説明はわかりやすく、誰もが納得できる。
歯列矯正など子供や若い人のものと思っていた熟年女性には、目からウロコの1冊である。

加藤通子(かとう・みちこ)

1984年日本大学松戸歯学部卒業。
1991年より大阪府富田林市にて歯科医院開業、医療法人明新会かとう歯科医院理事長、KDCインプラント矯正センター院長を務める。
日本アンチエイジング歯科学会理事、Certificated学会認定医、日本成人矯正歯科学会、日本口腔衛生学会、日本小児歯科学会、日本歯科審美学会、点滴療法研究会マスターズクラブ、国際オーソモレキュラー医学会、非抜歯矯正研究会所属、IVC高濃度ビタミンC点滴療法認定医、アライン社認定インビザラインドクター。

3歳のときに出会った美人の歯医者さんに憧れて歯科医師を目指す。
子供のころから「美しいもの」に惹かれる傾向があり、将来は「人を美しくする職業」に就きたいという強い願望があった。
現在、夫、長男、長女(皆歯科医師)とともに、インプラント、矯正、セラミック治療を主体とした、総合的な歯科治療を行っている。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階