うまれるまえのおはなし2

ねえ ママきいて (おでかけBOOK)

著者ひだのかな代

価格 1430円(税込)

A5判 24ページ 上製 オールカラー 

2021年10月11日  ISBN978-4-434-29565-2 C8790

「ママがいてくれるだけでしあわせ」
生まれて生きていくことの感動を、思い出させてくれる絵本

 

ねぇ ママ きいて
わたし ママのこと
うまれる ずーっと まえから
だいすきだったんだよ!

 

 

ふぅちゃんが教えてくれたのは
雲の上にいたときのこと
おなかの中のおはなし
それは私たちが忘れてしまった
大きな愛の記憶でした——(ひだのかな代)

 

 

生まれる前の記憶を持つこどもから聞いた、魂のおはなしをもとに、
ひだのかな代が類い稀な想像力で忠実に絵本にした第1作『うまれるまえのおはなし』は 、多くの読者に、驚きと感動を与え、また孤独を感じる心を癒してくれました。

 

第2作となる本作は、おかあさんを決め、おなかの中に入ってから
今もこどもがおかあさんに一番伝えたいメッセージを、「今ここにいるこども」の言葉で語ります。

 

もちろん今作も、胎内記憶を持つこどもから聞いた実話を絵本化したものです。
ぜひ親子で読んで、お楽しみください。きっと会話が盛り上がりますよ。

 

 

編集者からのコメント
こどもがどうして、今のママを選んで生まれてきたのか。
こどもがいま、ママのことをどう思っているのか。
胎内記憶を持つふぅちゃんから、著者が実際に聞いたおはなしを形にした絵本です。
多くのおかあさんの心を癒した『うまれるまえのおはなし』第2弾、どうぞ親子でお楽しみください。

 

 対象年齢:2歳くらい〜

 

 

 

画像をクリックすると大きくなります

 

 

朗読・読み聞かせ・SNS投稿 ご自由にどうぞ!

【非営利使用許諾済】この本は、非営利目的の「朗読・読み聞かせ・SNS投稿」に使用することを著者と出版社が承諾しています。ただし事前にご連絡のうえ、本のタイトル・著者名・出版社名を明示、使用後報告をお願いいたします。また書評や紹介の目的での引用は自由です。  みらいパブリッシング・権利使用担当 電話 03‐5913‐8611

 

 

ひだのかな代(ひだの・かなよ)

札幌市在住。自他共に認める動物好き。
代表作は『ねこがさかなをすきになったわけ』『りんごりんごろりんごろりん』(みらいパブリッシングより復刊)、『にこにこぎゅっ』『オビとタネ』(中西出版)、紙芝居『おさるさん』(童心社)、『うまれるまえのおはなし』『ペンギンがとぶ』(ポエムピース)、『ねこちゃんどうしたの?』『いただきますレストラン』『あいにいくよ』『ぷかぷか ぽかぽか』(みらいパブリッシング)など。
『ねこがさかなをすきになったわけ』『りんごりんごろりんごろりん』『うまれるまえのおはなし』がけんぶち絵本の里大賞びばからす賞を受賞するなど、受賞歴多数。講演活動なども行う。
AIR-G’ FM北海道「にこにこぎゅっ」パーソナリティとしても活躍中。

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階