月曜日のショートショート【8】『(27)』

連載
2020/10/05

この連載について

毎週月曜日の夜に更新される、電車ひと駅ぶんの時間で読めるショートショート。

絵本『かいじゅうガーくん』の著者でありミュージシャンでもあるマサクニさんによる不思議な世界をお届けします。

いつもの月曜日から、少しだけ別の世界へワープしてみませんか?

 

 

 

第8話

 

 

 
 

昨日、サッカー日本代表男性(27)が
空港に颯爽と現れ、ファンの声援を浴びた。

 

一昨日、会社員女性(27)が
自らのブランドを立ち上げ、原宿に念願の店を構えた。

 

三日前、仕事をクビになった男(27)が、
その腹いせにコンビニ強盗をし、
女性店員をカッターで傷つけ逃走した。

 

一週間前、アメリカの男子学生(27)が作成した論文が、
カルフォルニア州のバルブォード大学教授の目にとまり賞賛を受けた。

 

二週間前、アフリカ・パルジェリアの奥地にあるヘンテコーナ村で、
神様のお告げを聞いた祈祷師の指名により、
男性(27)が第9代村長になった。

 

三週間前、北極にて密かに冷凍保存されていた女性(27)が、
50年の時を経てタイムスリップを果たした。

 

一ヶ月前、火星にてP43adさん(27)が
渾身の一発ギャグ「地球人から見たおれたち」でタコ踊りを披露し、

爆笑王になった。

 

二ヶ月前、木星にて佐伯マンタル三郎さん(27)が、
木星最長老になり表彰を受け、
その表彰式で最後に言い放った「プルットポパ、ペンゲジュルバジュル(笑)」が流行語大賞になった。

 

三ヶ月前、高円寺の古アパートで、
フリーター女性(27)が
雪で無音になった深夜、
炭酸水のペットボトルを開けた。

 

27つの気泡が空気中に一気に飛び出して、
女性の周りを漂う。

 

1つ1つを数えることは出来なかったが
1つ1つ全部、知っている気がした。

 

 

全て積み重ねなくたって良い。
消えゆく日々もあって良いのだ。

 

30歳になったから諦める夢。
60歳になったから始まる第二の人生。
そんなものは存在しない。

 

ただ、そこに在り、
たまに自分で振り返る。

 

(27)

 

年齢なんて、
ただの数字だった。

 

 

 

マサクニ(34)

 

 

 

 

バックナンバー

記事一覧表示

 

 

作者プロフィール

マサクニ

絵本作家。ミュージシャン。
1986 年群馬県生まれ。B型。
幼稚園教諭、絵本出版社の営業を経て現在に至る。
SNSでは、絵、詩、短編小説を更新。
自身がボーカル、作詞を担当する「アオバ」では、2017 年にマクドナルドのwebCMに出演した。

Twitter
https://twitter.com/aoba_masakuni

Instagram
https://www.instagram.com/masakuni0717/

 

マサクニさんが詩と絵を担当した物語『f』の読み聞かせ動画。よろしければこちらもお楽しみください。

絵本の詳細はこちら

2020.10.05

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階