ねことおばあさんと小びん

新聞に載りました
2020/08/27

今日の朝日新聞と読売新聞の広告に、ダブルで2冊の本が紹介されています。

 

 

1冊目 『ねことおばあさん』

 

どこの国でもない、何もない大地に暮らすおばあさんと猫の、永遠の物語。

谷川俊太郎の翻訳者で日本の詩人ティエン・ユアンと、人気急上昇の絵本作家くなさりの夢のコラボレーション。

静かな時の流れのなかで、猫とおばあさんの日常が描かれる。

2人の死後にあった神秘的な物語は、言葉のない世界で語られます。

 

 

谷川俊太郎さんによる『ねことおばあさん』の朗読です。世界観にひきこまれます。

 

 

 

2冊目 『願いが叶う 幸せの小びんワーク』

 

「幸せの小びんワーク」は、空きビンを使った超カンタンな楽しいワーク。

どこにでもあるガラスの空きビンに願いを貼って、「良かったこと」「がんばったこと」を紙に書いて入れていくだけ。

あなたはそれを部屋に置いて、ウキウキとながめているだけ。

デコったりラッキーグッズを入れて、楽しんでいるだけでいいのです。

あなたの幸せな気持ちがいっぱい詰まった小びんが、おウチ生活を彩り、「引き寄せ」の魔法が勝手に働いて、あなたの望みを引き寄せます。

願いが叶う不思議な仕組みを本書でぜひ体験してみてください。

 

 

本の一部はこんな感じです。

 

 本の詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2020.08.27

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階