『鬼滅の刃』をいち早く評論した話題の書籍『父滅の刃』 Kindle版と楽天Kobo版をリリースしました

父滅の刃
2020/12/01

 

『学びを結果に変えるアウトプット大全』『学び効率が最大化するインプット大全 』など数々のベストセラーを世に送り出してきた、精神科医であり作家の樺沢紫苑(かばさわ しおん)。

 

その樺沢紫苑が、父性と母性、映画、アニメについて大いに語った社会時評『父滅の刃 消えた父親はどこへ』は、

『鬼滅の刃』『ONE PIECE』『新世紀エヴァンゲリオン』など話題の映画やアニメを”父性”という切り口で分析する新しい評論本です。

 

この度、Kindle版と楽天Kobo版がリリースされました。

電子書籍派のみなさま、この機会にぜひご購入ください。

 

Kindle
https://amazon.co.jp/dp/B08NSK98FS/ref=cm_sw_r_tw_dp_x_dA1TFbY9BTRKW

楽天Kobo
https://books.rakuten.co.jp/rk/f91972da0e7b3450bd95990b0f235678/?l-id=item-c-kobo-title

 

 

最新情報は樺沢さんのTwitterブログをチェック!

『父滅の刃』全情報をまとめた父滅チャンネル

 本の詳細はこちら

 

 

2020.12.01

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階