《コンテストの裏側》写真家・青山裕企さんと受賞作品について語る vol.2「カラーではなくモノクロにした意図」

対談
2021/05/30

 


大賞受賞作品「A complicated city」

 

 

みらいパブリッシングが提携している写真のコンテスト「写真出版賞」。

第4回の開催を終え、ここからまた新しい才能が、出版を通して世に羽ばたこうとしています。

 

今回、多数の応募のなかから大賞に輝いたキセキミチコさんの作品「A complicated city」。

この作品について、審査員を務めた青山裕企さん・則武弥さん・城村典子さん、そして当社の社長松崎の4人が審査後に話していた裏話を、「楽屋裏トーク」としてこっそり公開します。

 

※ このトークは正式な講評ではなく、あくまで審査後の自由な会話のやりとりをもとに構成したものです。

 

 

 

《 審査員たちのプロフィール 》

  

 青山裕企(Mr.Portrait / 写真家)

『ソラリーマン』『スクールガール・コンプレックス』『少女礼讃』など、 “日本社会における記号的な存在”をモチーフにした作品を制作している。 写真出版賞では第1回から特別審査員を務める。

ウェブサイト https://yukiao.jp

 

 

則武弥(デザインディレクター)

ペーパーバッグ代表。CI、VI、教科書のデザイン他、「典型プロジェクト」でのプロダクト開発、詩のデザインレーベル「oblaat」、「東京ピクニックラブ」で活動。グッドデザイン賞他受賞多数。写真出版賞では第1回から審査員を務める。

ウェブサイト https://www.paperback.jp/

  

 

城村典子(出版プロデューサー)

講談社、角川学芸出版などの出版社に勤務した後、2012年に独立。書籍編集、角川フォレストレーベル立ち上げと編集長などの業務のほか、事業部の立ち上げ、出版社創設など、出版事業全般に渡る業務を30年経験。スプリングインク株式会社代表取締役として、コンテストの運営も行う。写真出版賞では第1回から審査員を務める。

  

 

松崎義行(みらいパブリッシング代表取締役 / 編集者 / 詩人 / 作詞家)

本賞の提携出版社みらいパブリッシングの代表取締役。15歳で第一詩集「童女 M-16の詩」を刊行。以来、詩、作詞、エッセイ、編集など出版や表現に関わる多数の活動を行っている。写真出版賞では第1回から審査員を務める。

 

 

 

 

 

 

 

「こういう作品を待ってました!」香港をダイレクトに捉えたまなざし

 

青山:

これは、圧倒的でしたね。プリントも丁寧で。この作品はカラーコピーの手法で白黒写真をプリントしていると思うのですが、通常、そうすると白黒写真の良さが消えてしまいがちなのですが、今回はドキュメンタリーな雰囲気とマッチしていました。

 


作品をじっくり眺める特別審査員の青山裕企氏

 

松崎:

僕は、こういう作品を待っていました! という感じで、受け取ったとき本当にうれしかったです。踏み込んで撮っていて、見ごたえがあります。彼女のすごいところは、抜群の、最適なタイミングで香港に入っていることですよね。

 

則武:

香港の日常ではなく、ダイレクトに騒動の最中を撮っている。ジャーナリストでもプレスパスが効かない世界で、真面目に撮って真面目にプリントしているのがいいなと思いました。今必要なのはこういうタッチのものかなと。

 

応募作の一部

 

青山:

相当プリントがいいですよね。そこもポイントです。

 

則武:

プレゼンテーションを含めて、気持ちいいですよね。見ようという気にさせられる。

 

 

 

 

カラーではなくモノクロにした意図

 

 

松崎:

僕は、どうしてカラーじゃなくて白黒なのかなと思いました。出版するときはカラー写真を混ぜてもいいのかなと個人的には思いますが、どうでしょうか。

 

青山:

カラーになると情報が増えますが、この焼き方がいいので、それをそのまま生かすのがいいのではないでしょうか。

 

城村:

この時期に香港に行って激動の中で撮ったわりに、非常に冷静な写真を撮られていて、確かな意思と技術を感じました。白黒にしたのは、余計な情報を入れないほうが真実が際立つという意図があったのかな。出版されるのが非常に楽しみです。

 


モノクロのなかに真実が際立ちます

 

 

 

 

 

以上、第4回写真出版賞で多数の応募のなかから大賞に輝いたキセキミチコさんの作品「A complicated city」ついての楽屋裏トークでした。

 

キセキミチコさんの作品は、大賞の特典として書籍化されることが決まっています。

この作品の魅力を、編集を通してどう高めていけるか。どんな本に仕上げていくか。

ここからが出版の醍醐味です。

 

キセキさんには、ぜひそれを味わっていただきたいですね。

本の完成を今からたのしみにしています。

 

 

 

写真出版賞については、こちらのサイトをご覧ください。

 

2021.05.30

pagetop

みらいパブリッシング

本でみらいを創る? みらいパブリッシング
〒166-0003東京都杉並区高円寺南4-26-12福丸ビル6階